戸矢理衣奈 創業者ご挨拶

「女性がライフステージにあわせて、公私のバランスをとりながら幸せに仕事ができるような会社をつくりたい。

私達はこうした思いから、女性を中心にした専門技能のパートタイム活用を推進すべく、2006年6月に東京大学、スタンフォード大学、独立行政法人経済産業研究所の出身者を中心として発足いたしました。ライフワークバランスといった言葉がよく聞かれるようになりましたが、高い専門能力を持つ女性が出産やパートナーの転勤などを機にフルタイム勤務ができなくなるケースは少なくありません。パートタイムで専門能力を活かせる機会もほとんどなく、いまだにフルタイムか、そうでなければゼロかの選択を迫られる場合が少なくないのです。一方で、組織が専門能力をもつ女性をパートタイムで活用したいと思っても、そうした人材を適材適所の形でみつけることは極めて難しかったこともまた事実でしょう。

私達は世界各地に在住する、常勤職を離れた高い専門能力を持つ女性をネットワーク化することで、両者のニーズを繋ぎたいと考えました。現在、Ph.D、MBAなどの学位取得者や、医師、プロフェッショナルファームで長く研鑽を積んだ者など、研究やビジネスの第一線で活躍できる能力をもつ50名超の女性研究員を擁しています。同時に大学など現職の研究者とも連携をすすめ、個人またはチーム単位で、即戦力となるコンサルティング、リサーチサービスを提供しております。

また、ビジネス社会の成熟化とグローバル化の更なる進展に伴い、的確な翻訳や効果的なグラフィックデザインといった、コミュニケーションやプレゼンテーションの技術が、成果物の最終的な価値を大きく左右するようになます。こうした現状認識から、私達は専門の先生方に厳しく選抜して頂いた訳者による翻訳部門、武蔵野美術大学出身者を中心にしたデザイン部門を設けました。すでにブランド構築の視点から、大学研究室などの総合的なイメージづくり、マーケティングツールとしてとりわけご好評いただいております。

専門技能の効果的なパートタイムの活用により、私達は調査研究からその発信まで、各分野の専門家を集結させ、トータルでプロジェクトの価値の向上をサポートいたします。そして私達の新しい働き方のご提案が同時に個人、企業、社会のそれぞれにとってもプラスの価値を生み出すものとして、認知していただけますように頑張ってまいりたいと存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

戸矢理衣奈